デジタコによる飛躍

デジタコの有効活用について

デジタル式運行記録計、略してデジタコ。アナタコ(アナログタコグラフ)に対し、より正確でより多くの種類のデータを記録可能なデジタコの需要が高まっています。デジタコのメリットは、記録要素を数値化したデータを収集できる点にあります。データは、デジタコメーカーが開発した専用ソフトによって解析可能です。そのおかげで、管理者・乗務員双方が結果を把握しやすくなるのがデジタコの良い所です。解析データをグラフ化することにより理解度が高まり、各ドライバーが効率の良い運転を心掛けられるようになります。その結果燃費が上がり、経費節減にもなります。安全に関しても、同様に乗務員の意識向上が見込め、事故を減らすことができます。

購入料金の相場について

デジタコの導入費用は、使用する機種や、一度に導入する台数などによっても大きく異なります。一般的な相場としては、車両一台あたり20万円程度となっています。高性能デジタコは予算の上でなかなか導入が厳しいという声もあり、機能を最低限必要な内容に絞ったデジタコを廉価で発売しているメーカーも存在します。高性能・高価格のデジタコと較べると細かいデータの収集はできませんが、設置も簡単で導入しやすいのがその特徴です。予算・用途に応じて導入を検討すると良いでしょう。又、各都道府県のトラック協会には、デジタコ導入促進助成制度があります。トラックへの導入の際は、申請することによってその費用を節減できます。なお、都道府県によって助成対象や金額が異なります。