データを復旧する

誤った消してしまったファイルの復元ソフト

ふとした操作ミスなどで、必要なファイルをごみ箱から削除してしまうことはまれにあります。そんな場合には、専用のソフトウェアを使えば、データ復旧できる場合があります。ごみ箱から消えてしまっても、ハードディスクの中にはバイトデータとして残っている場合があるからです。 ハードディスクのデータ復旧に対応したフリーのソフトがいくつかあるので、お金をかけたくないなら、とりあえずフリーソフトを使うのもよいでしょう。窓の杜の「削除・復元」のページを見るとこのようなソフトがいくつか見つかります。ただし、フリーソフトですので、最低限の機能しかない場合もあります。 そんな場合は有料のソフトの購入を考えましょう。有料ソフトなら、高度な復元機能が数多く含まれています。OS自体をハードディスクから消してしまい、PCが立ち上がらない場合も簡単にデータ復旧できます。

データ復旧ソフトの価格

有料のデータ復旧ソフトの一番人気はAOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」シリーズです。 最新版は「ファイナルデータ10プラス」です。パッケージ版が11,664円、ダウンロード版は7,480円で販売されています。 これより高くなりますが、「Ontrack EasyRecovery」も評価が高いソフトです。 Ontrackは、ハードディスクの物理損傷時のデータ復旧サービスも手掛ける会社なので、そのソフトも信頼がおけるものとなっています。 最新版の「Ontrack EasyRecovery 11」は複数のエディションがあります。お手軽な「Home for Windows」が8,208円で、最上位の「Professinal for Windows」が13,824円です。

208円で、最上位の「Professinal for Windows」が13

824円です。